読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのちからになりたい

コピペでブログラムつくっていきたい

プログラムが組めるということ

例えば突発的にその場限りのワンショットの作業が来たとして、プログラムが組めるとそれが完成するまでどのくらいかかるかがだいたいわかるので、手作業でダーっとやるのとプログラム組むのとで天秤にかけてどっちか早いほうを取ったりするの、結構ありがちだと思う。
意識高いひととかゆとりあるスケジュールだと手作業のほうが早くてもプログラム組むと思う。

それとは別に、毎日のルーチンワークで手作業でやってもあまり時間がかからずさほどめんどくさくない作業があったとして、プログラムが組めるとそれが完成するまでどのくらいかかるかがだいたいわかるので、プログラムでやったほうが楽だけど手作業でやってもあまり時間がかからないからやっぱり作業のままでいいやって思うの、結構ありがちだと思う。
意識高いひととかゆとりあるスケジュールだとプログラム組むと思う。

逆に、極希にしかやらないけどあったほうが便利とかすごいめんどくさい作業があったとして、プログラムが組めるとそれが完成するまでどのくらいかかるかがだいたいわかるので、時間かかるしめんどくさいとわかっててもプログラム組むの、結構ありがちだと思う。

プログラムって単純作業を繰り返すのを自動化するのに便利なんだけど、すぐ終わる単純作業ほどプログラム組まない選択するの多い気がする。

プログラム組める人は組む組まないの選択できるけど、プログラム組めない人はその選択ができないから作業を効率化して手順を簡素化してたりする。
プログラム組めると作業の楽さよりプログラムの楽さを考えるほうが多い気がする。

プログラム組めないより組めたほうがいいけど、組めることによって忘れた気持ちある気がする。
ただ、どちらにしても意識高いひとはプログラム組むと思う。