読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのちからになりたい

コピペでブログラムつくっていきたい

◯分で作れちゃう常備菜が作れないひとが見る記事

cooking

新生活が始まる時期に多い記事

新生活で一人暮らしを始める方が多くなるこの時期に多くなる記事が、「簡単常備菜」とか「◯分でできる常備菜」という記事になります。

最近だとこういう記事です。

gathery.recruit-lifestyle.co.jp

app-note.com

非常に便利な記事で、おそらく多くの新生活を始める方が参考にして実行していくことと思います。

そしておそらく多くの方がさまざまな事情で脱落していくのではないかと思います。

わたしももちろんその中の一人で、最初はがんばって作ってたのですが、仕事が忙しくなったりすると疲れて帰ってきてお皿に盛りつけるだけの常備菜ですらめんどくさくてすぐ食べられるコンビニ弁当やカップラーメン、出来物ののお惣菜で済ますことが多くなってきます。

そもそも常備菜が作れるような方は自己管理、規律ができている方で、料理を作るのがめんどくさいとさほど思わない方なのではないかと思ったりしました。

常備菜を作るにあたっての問題点

常備菜に限りませんが、わたしが思う問題点として

  • 何日日持ちがするかよくわからない
    • 3日とか書いてありますが、多少ずれても食べられるにせよ、残業があったりすると毎日食べれるかわからない
    • いっぱい作らなければ良いというソリューションがあるにせよ、ならその都度作ればいいのでは問題
  • ◯分とは言いますが、調理時間は◯分だけど材料用意して切って調理して洗うまで考えると思ったより時間がかかる
    • 休日にやるにしても、常備菜を1つだけ作ることはせず、この際何種類か作るわけで、買い物まで含めるとなんだかんだで半日から一日作業になる
    • 一日の作業で数日楽になるのだからそれくらいがんばればいいというソリューション
  • 毎回概ね同じ食材で同じものを作ってしまう
    • 記事に載っているもののなかで簡単そうなものを延々と作り続ける問題
    • 常備菜で日々の栄養すべてを補えるわけではないので別にいいのでは...

以上のことが挙げられます。

休日にまとめて作る方が多いのではないかと思われますが、遊びに行ってしまったりすると作れなかったりしますし、平日に作るにしても残業やらジムやら習い事やらで時間が無かったりします。

結局どうしてるのか

わたしの場合、作ること自体は好きなのですが、洗い物が嫌いなのと、やはり何日日持ちがするかよくわからないという問題がどうしても気になって、だったら作れる日だけ作る、しかも調理器具1個で、という感じにしています。

どういうことか

要はこういうことです。

  • 材料は予め食べやすい大きさに切って冷凍しておく
  • 鍋に材料を入れて煮込む
  • 食べる
  • まあまあおいしい

という感じです。

いまのような寒い時期は特に楽で、鍋にしてしまえばだいたいおいしいのでなにも考えず冷凍しておいた大根や人参、きのこや肉を適当に入れて弱火で煮込み、その間にお風呂に入り、お風呂から上がったら鍋ができてるというスタイルで過ごしています。

注意する点

ひとつだけ大きな問題がありまして、それはなにかといいますと、冷凍したものを解凍して食材として使用するとだいたい冷凍しなかったときよりおいしくないというものです。

もちろん冷凍に向き不向きの食材はありますので、よく吟味して自分の中で妥協できる範囲内の食材をチョイスする必要があります。

基本的に冷凍から解答するとしなっしなになって食感が悪くなるのですが、その分味の染みが早くはなります。

わたしがよく冷凍してる食材として大根人参がありますが、冷凍するとき空気をよく抜いたり水分を拭き取る等のセオリーがありますが、これらのことをやっても野菜自体の水分があるため、どうしてもしなっしなになってしまいます。

夏はどうするか

冬から春先にかけての寒い季節は鍋にすればどうとでもなるのですが、夏のような暑い季節は鍋にするというソリューションは使えませんし、暑いというだけでなにもしたくなくなります。

その点をすべて見越したソリューションが生で食べるというものです。

夏になると夏野菜というものが売られ始めますので、生で食べられる野菜を買って、冷蔵庫に入れておけば帰ったら冷たい野菜をマヨネーズやらドレッシングやらを掛けて食べることになります。

基本的にはきゅうりやトマトがこれにあたりますが、これだけでは栄養が足りないので、サラダチキン等の肉類やお惣菜で補うことになります。

野菜の日持ちに関してですが、トマトはともかくきゅうりを何日も冷蔵庫にぶち込んでおくのは危険なため、常温の涼しいところに置いておくと良いと思います。

なすも非常に良いのですが、さすがに生でかじるわけにもいかないので、適当にぶつ切りにして耐熱容器に入れ、ごま油と塩コショウして電子レンジで2分ほどチンするとおいしくいただけますし、その際にハムやブロックベーコン等入れるとビールのおつまみにも最高になります。

まとめ

ある程度の法則性のある生活でないと常備菜に対するリスクが発生するため、早く帰れた日は時間があるので材料を買ってきて簡単なものを作り、そうでない場合はあるもので適当にしのぎましょうということになります。

もちろん、資金が潤沢であれば外食のほうが自炊よりバランスが取れるため、そちらのほうがおすすめです。