読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのちからになりたい

コピペでブログラムつくっていきたい

VDSLで下り2Mbpsしか出てなかったのがv6プラスで40倍になった話

とにかくゴールデンタイムが死ぬほど遅い

引っ越ししたマンションがVDSLで、そのタイミングでプロバイダ変えようかと思ったんですがめんどかったのでso-netそのままにしたらとにかく遅すぎてビビりました。

これがゴールデンタイムで f:id:ginzanomama:20170306211409p:plain

これが朝方空いてるときです。 f:id:ginzanomama:20170306211445p:plain

常時まんべんなく遅いんですが、特にゴールデンタイムは2Mbps程度しか出ないのでYoutubeもままなりませんでした。

VDSLなので仕方ないところはあるにせよ、代替案がWiMAXとかCATVしかないので現実的にはプロバイダ変更しかないんですが、OCNにするのもなあと思って「VDSL 遅い」みたいなキーワードでググってたらv6プラスにしたら速くなったとの記事が見つかったので調べてみました。

furyu.hatenablog.com

jp.finalfantasyxiv.com

特に下の記事はうちと全く同じ環境であるため、かなり期待できます。

v6プラスとは

めちゃめちゃ端折ってざっくり説明すると、フレッツ網からプロバイダを通さずインターネットに繋がる技術です。

v6プラスと同じようなものでDS-Liteというものもあり、後ほど説明します。

詳しく知りたい方は以下を参照してください。

v6プラス | サービス紹介 | JPNE | 日本ネットワークイネイブラー株式会社

IIJmio:DS-Liteについて

サービスのご案内 - transixサービス|インターネットマルチフィード株式会社

申し込む前にまずやること

フレッツエリアでチェック

以下のサイトでフレッツエリアで100Mbps程度の速度が出ているかチェックしておきます。

https://flets-east.jp/redir/top/sp/to_s_speed_n2.html

もしここで極端に低い数値が出ていた場合はフレッツ側に問題がある可能性が高いため、NTTに電話して相談しましょう。

v6プラスかDS-Liteか

ざっくり説明すると、どちらもIPv4overIPv6という技術を使うのですが、その方式の違いです。

プロバイダによってv6プラスかDS-Liteか異なるため、加入している/しようとしているプロバイダがどちらを提供しているか調べる必要があります。

また、ひかり電話を使っていない場合は対応するルーターが必要になります。

うちはもちろん使ってないのでルーター買いました。

今のところBUFFALOくらいしか対応していないのでこれを買いました。

必要十分な機能があるので、結果的にいままで使ってたAtermより数倍快適になりました。

申し込み

あとはプロバイダに申し込みするだけです。

v6プラスはオプションなのですが、@niftyビッグローブも無料です。

うちは@niftyにしましたが、後輩はもとからビッグローブを使ってたのでそちらで申し込みしたようです。

後輩は1日程度で完了し使えるようになりましたが、@niftyはおそらくですが月末に一気に処理して月初にNTT側が対応しているのではないかと思われます。

うちの場合、2月前半に@nifty加入と同時にv6プラスの申込みをしたのですが、接続はすぐできましたがv6プラスは一向に処理されず、2週間近くたってもなんの音沙汰もないのでメールで問い合わせたところ、「ニフティ側の手続きが終わってないため使えない、いつ終わるかもわからないのでお待ち下さい」と返事が来たのでおとなしく待っていたところ、3月1日になってNTTとの手続きが終了しましたのメールが届き、その2日後にv6プラス開通のメールが届きました。

設定とか

基本的に設定はまったくいらない(はず)です。

自宅に帰ってからIPv6接続チェックサイトでみてみたら普通にIPv6で繋がっていました。

IPv4/IPv6接続判定ツール

スピードテストもしてみましたが、VDSL理論値近くの80~90Mbps出ていました。

一応ルーターを再起動したところ、「v6プラスで接続」のメニューが出てきたのでそちらをチェックし先程のサイト確認すると「v6プラス接続」になっていました。

速度比較

いままで f:id:ginzanomama:20170306211409p:plain

v6プラス f:id:ginzanomama:20170306212139p:plain

界王拳もびっくりの約40倍となりました。

結論

VDSLで困ってる人、v6プラスにしましょう。