読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのちからになりたい

コピペでブログラムつくっていきたい

クレジットカード入れた財布落としてもダメージを最小限に食い止める

経緯

財布というか、散歩用に財布持ち歩くのもめんどいし、薄いパスケースにクレジットカードとポイントカードと一万円くらい入れておけば、これとスマホ持っていけば手ぶらでいけるなと思って実践したら、パスケース落としてしまったけど大事には至らなかったということと、万が一落としても事前に大丈夫なようにしておいたので、そういうことをメモとして書いておく。

ちなみに、当然だけど落としたらすぐ交番に行きましょう。

プリペイド型カードを持つ

一番ダメージが少ないのはプリペイド型カードで、au WALLETやWebMoneyCardがある。

au WALLETは携帯のキャリアがauであれば無料で発行できるので、手軽に手に入れられる。

https://wallet.auone.jp/

WebMoneyCardはちょっと特殊で、申し込みにアプリを入れる必要がある。 www.webmoney.jp

どちらもチャージした金額内でしか使えないため、万が一落としてもその金額だけのダメージとなる。

デビッドカードを持つ

次にダメージが少ないのはデビッドカードにすることで、デビッドカードの性質上、予め口座に入っている金額しか使えないため、口座以上の金額が使われることはないし(利用上限を設定できるところもある)、不正使用されても一定条件が満たされれば保証される(ところもある)

デビッドカードはいまは色んな所で出しているので、自分が手に入れやすいところで申し込みするのがいいと思う。

クレカの利用上限を下げておく

多少めんどくさいが、散歩用やちょっとした用事で持ち歩く財布に入れておくクレカであれば、利用限度を10万に下げておくことで、万が一の場合でもとりあえずはそこまでしか使われないということができる。

もちろん落としたら交番に行き、その足でクレジットカード会社に連絡して止めてもらうのも忘れずに。

普通のクレカなので不正使用の保証も付いているため、それほど大事には至らないと思う。

クレカはどこのでもいいので、1枚しかないのなら散歩用に年会費無料のもので1枚作っておけばなにかと便利だと思う。

結論

何度も書いてるけど落としたらすぐ交番行きましょう。 クレカであればカード会社に連絡も忘れずに。

ちなみにぼくの場合は、散歩用にはau WALLETを持ち歩いてる。 チャージするのがちょっとめんどくさいが、プリペイドというメリットはそれ以上に大きいので、おすすめです。