読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのちからになりたい

コピペでブログラムつくっていきたい

フードコンテナをもっとめんどくさくなく使う

フードコンテナを買ったきっかけ

食にそんなにこだわりがないので、お昼とかコンビニで適当にパン買ったりおにぎり買ったりしてたんだけど、さすがに炭水化物取り過ぎな気がしたので先週からフードコンテナ買って使い始めた。
使ってみると確かに便利だけど、Webとかレシピに書かれてる使い方だとめんどくさくてこれは続かないなと思ったので、もっとめんどくさくない方法にした。

*関連記事を書きました

春夏秋冬、一年すべての季節を通してフードコンテナにぴったりの最強レシピがこちらになります。
ginzanomama.hatenablog.com

どんなのを選ぶか

とにかくでかいのを選ぶ。そもそもでかいのっていってもAmazonでも400mlくらいまでのしか見つからないので、その辺から適当なのを選ぶ。ぼくはサーモスの水筒とか使ってたのでこれを選んだ。

注釈(いまは500mlのが出てるのでだんぜんこちらのほうがよいのでおすすめです)

あとそれを入れるポーチと箸とスプーンを一緒に買ったけど、あとで書くけどポーチはともかく箸とスプーンは買わなくてもよかった気がした。
ともかく、形から入るとモチベーションがあがるのでどうせ買うなら一緒に買ったほうが良い。


普通の使い方

レシピサイトとかみると、たいていこんな感じで書かれてある。

  • フードコンテナに熱湯を入れて1−3分ほど予熱する
  • 入れる料理を熱々にしてスープごと入れる
  • 断熱のためポーチ等に入れて持っていく

予熱して熱々のスープを入れるとだいたい6時間後くらいまでは温かいまま食べられるらしい。
何事も最初は基本に習う質なのでやってみると、たしかにお昼に温かいまま食べられた。うれしい。

めんどくさいが故の問題点

普通の人ならできるんだろうけど、とにかく手順がめんどくさくてあまりやりたくない。
具体的には

  • 予熱がめんどくさい
  • 料理を熱々にするのがめんどくさい
  • 構造上漏れることはないらしいが、やはり液体を持ち歩くのは心理的に嫌
  • とにかくめんどくさい

朝、そんなことやってられるほど余裕がないので、もっとめんどくさくない方法を考えたら次のようになった。

ほとんどの手順を会社でやる

要は具だけ持ってって食べる前に温めればいいのではというソリューションでやってみたらあんまりめんどくさくなくなった。
具体的には

  • 朝、フードコンテナに具だけ入れる
  • お昼になったらフードコンテナにスープの素を入れて熱いお湯をぶっかける
  • 蓋を閉めて3分ほど待つ
  • あったかい\(^o^)/

具だけ持ってくだけなので予熱しなくていいし、汁を持ち運ばなくていいし、直前にお湯をぶっかけるので普通に作るより温かいし、なによりめんどくさくない。うれしい。

さらに、食べ終わったあと会社で洗えば朝は具を入れるだけ。最高。最もこれは家で準備した場合も同様だけど。
あと、洗い物を少なくするために箸は100均で割り箸買って使った方がいい。スプーン使いたいときはこれも100均で買って会社に置いておけばいい。

もっとめんどくさくなくするには

手順はめんどくさくなくなったけど、根本的な問題がある。要は毎日のメニューを考えるのがめんどくさい。
ぼくの場合、一週間分の夜ご飯を土日に一気に作って一日分に小分けして冷凍し、平日はそれをチンして食べるという生活をしているため、平日はなるべく料理はしたくない。簡単なものなら作るけど、残業が続いたりするとそれもやらなくなるおそれがある。

スープの素を使う利点として、いろんな素を用意すれば毎日違う味を味わえるということがある。
そこで、和洋中すべてのスープの素に対応する具を作って用意しておけばいいのではと考えた結果、肉じゃがが最強ではという結論が出た。

肉じゃが最強伝説

家庭によって具は違うと思うけど、基本的に季節の野菜がないのでいつでもそろうのがすごくいい。肉は牛とか豚とかあるけど、ボリュームを考えて鶏肉をチョイスし、しらたきとかそういうめんどくさいものは入れずシンプルな構成にした。

  • じゃがいも
  • 人参
  • 鶏肉

鶏肉はハナマサとかで買うと一キロ500円しないで買えるし、人参じゃがいもも一週間分買ってもそれぞれ100円くらい。
(100 + 100 + 500) / 5 = 140
だいたい1食140円くらいでできる。
(別に節約したいからやってるわけではありません)

人参はともかくじゃがいもの皮をむくのがめんどくさいけど、週に一度なので我慢できる。
鶏肉は一口大に切るのがめんどくさいけど、最悪は切ってあるやつを買えば解決する。
あとは土日に一気に作って小分けにして冷蔵庫に入れて、朝それをフードコンテナに入れて持っていき、お昼に好みのスープの素を入れて食べる。最高。
今のところ、基本的に何にでも合う。もともと肉じゃがが余ったらカレーやシチューに進化させることができるので、当然の結果だと思う。

そしてさらに進化する

じゃがいもの皮をむくのがめんどくさくなって、鶏肉を下茹でしたものだけを持っていくシンプルな構成になりました。

鶏肉 + 中華スープの素 = 最強伝説

フードコンテナ生活1年経った感想を書きました


フードコンテナ生活2年経った感想を書きました


いまぼくのなかで最強のフードコンテナレシピです


フードコンテナで袋麺(ラーメン)が作れるか試しました


煮玉子を日常でもっとめんどくさくなく作る方法です


衛生面でも注意したい

梅雨時も含めて、快適、安全にフードコンテナ生活をおくるために注意してる点をまとめました。