読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなのちからになりたい

コピペでブログラムつくっていきたい

herokuにwordpress入れる

herokuでwordpressを動かさなけれならない

業務でwordpress使う必要が出てきて下調べしてるんだけども、まったく使ったことがないのでとりあえずherokuで動かしてみることにした。

herokuに入れてみる

githubにHerokuボタン付きで上げてくれてる人いてめっちゃ楽ちんだった。

www.macminiosx.com

ADMINAUTHもこれ入れればばっちり。

http://www.macminiosx.com/generator/htpasswd_generator.html

静的ファイルはあげられないので、あげたいひとはS3のキー入れればいける(文字しか入れないので今回は入れてない)

テーマを入れる

herokuの性質上アクセスされないとdynoが30分くらいで死に、再度アクセスされた時にはまた構築され直すため、テーマやプラグインを管理画面から入れたところでまったく意味がなく、手動でリポジトリに含めてgitで上げ直す必要がある。

なので、どこかからテーマを落としてきて /wp-content/themes に入れて commit して git push heroku master すればよい。

プラグインを入れる

これもテーマと同様に /wp-content/plugins に入れて commit して git push heroku master すればよい。

画像とかどうするのか

先に書いたけどherokuはdynoが死ぬと全部リポジトリから再構築なので画像をアップロードしたとしても消えてしまう。

Herokuボタンで作ったときS3のキーを入れるところがあったと思うけど、S3に先に作っておけばそっちにアップロードされて永続化されるっぽい(今回は画像とか上げないのでやってない)

それ以外困ること

googleとかのクローラが来たときdynoが死んでるとインデックスされないがこれは仕方ない。

search consoleで強制的にfetchさせることができるけど、大抵すぐクローラが来るのでこのときインデックスされれば問題ないけど、運悪く死んでる時にきたらされないという感じ。

予約投稿もページにアクセスしたときに書き込まれるので問題なし。

ということで、herokuで困るのはクローラくらいかなと(あくまで今回のケースでは)

まとめ

herokuボタンの仕組みができてからまじで簡単になったので実験程度で動かす場合の敷居が下がってすごく便利。

あと、wordpress、固定ページと記事の違いがいまいちよくわからないというか、書くのめんどくさいけどwikiでいいんじゃないのって思ってきた…

Nodeクックブック

Nodeクックブック

シングルページWebアプリケーション ―Node.js、MongoDBを活用したJavaScript SPA

シングルページWebアプリケーション ―Node.js、MongoDBを活用したJavaScript SPA

サーバサイドJavaScript Node.js入門 (アスキー書籍)

サーバサイドJavaScript Node.js入門 (アスキー書籍)